ブログ

学校の様子

新春のつどい(美里町)への参加(フラダンス部)

 1月10日(金)に、みどりの会館(美里町)において、美里町主催の「令和2年 新春のつどい」が開催されました。本校からは「フラダンス部」の5名が参加し、演舞を披露しました。

 会場の皆様方からのあたたかい拍手を受け、笑顔一杯で普段の練習の成果を披露することができました。

 新年早々、このような機会を与えていただき感謝申し上げます。創立以来30年を超す本校ですが、地域に根付いてきたことを実感する場でもありました。今後とも小牛田高等学園そしてフラダンス部の活動に対して御支援・御協力の程、よろしくお願いいたします。

全校集会(冬季休業明け)

 1月7日(火)に冬季休業明けの全校集会が行われました。

 校長先生からは,「十二支」・「子(ね)」・「譲り葉」・「有終の美」といったキーワードをもとにお話をいただきました。

 また、創立30周年記念式典の際に植樹した「ユズリハ(譲り葉)」のように,若い新緑の葉を、さらに濃い緑色に染めていってほしい、との話もありました。

 本年も本校への御支援・御協力の程,よろしくお願いします。

PTA研修会(卒業後の定着支援)

 12月20日(金)に、本校の保護者及び教職員を対象にした「卒業後の定着支援のポイント」と題した研修会を行いました。講師は、くりはら障がい者就業・生活支援センター「あしすと」のセンター長「二階堂 修一様」です。

 研修会では、就職までに生徒が身につけておくべきことや、「社会生活力」の大切さについて、講師の二階堂先生よりお話をいただきました。

 この講義を受けて、家庭でできることや在学中に目標もたせることの大切さなどをあらためて考えさせられました。

 講師の二階堂先生、ありがとうございました。

若者のための消費者教育(出張講座)

 12月20日(金)に、若者のための消費者教育(出張講座)が、全校生徒を対象に行われました。これは、社会生活の中で行われている「物品の購入」や「契約」などについて学ぶものです。

 今回、学習した内容は、生徒たちが本校を卒業した後、社会の中で必ず必要になるものです。講師の先生から、丁寧に詳しく説明していただいたので、生徒たちも「注意すべき点」や「危険な悪質商法」などに関する理解を深めることができました。

 講義をしていただいた宮城県金融広報アドバイザーの鈴川先生、ありがとうございました。

全校集会

 12月20日(金)に冬季休業前の全校集会が行われました。

 校長先生からは、社会の中で自立していくためにも、「世の中の息づかいを感じてほしい」というお話がありました。また、生活指導部長からは「規則正しい生活」・「冬休み中の行動」・「SNSなどの使用」に関して気をつける点について話しがありました。

  今年は本校の「創立30周年記念式典」をはじめとする様々な行事において、生徒が活躍する機会に恵まれました。  

 来年も様々な場面において、本校への御支援・御指導の程、よろしくお願いします。

歯の染め出し(LHR)

 本校の健康に関する学習の一環として「歯の染め出し」を行い、歯磨きの仕方を確認しました。

 

 歯の染め出し剤を取り出しています。

 

 染め出しが終わったら、普段、十分に磨きキレていない場所を結果用紙に記入しています。
日頃の歯の磨き方について、今後も指導していきたいと思います。

こごたふるさと餃子の販売(校外学習)

 本校の園芸班で栽培した白菜を使用してつくられた「こごたふるさと餃子(蜂屋食品)」の販売会が行われました。2日間で13名の生徒が販売体験活動に参加しました。

①12月14日(土) 古川駅食品館Pivot

 

②12月15日(日) クオリティフードストア仙台原ノ町ピボット

 

 参加した生徒たちは、最初の頃は、お客様に対してなかなか声掛けができずにいましたが、少しずつ商品の説明などができるようになってきました。おかげさまで、当日持参した商品はすべて完売いたしました。

 今回の販売会に御協力いただきました皆様方に、心より感謝申し上げます。

園芸日誌(商品開発に向けて)

 園芸班では「瀬峰星ライスファーム」さんと連携して、6次産業化に向けた取組を行っています。今回は商品開発に向けて、瀬峰星ライスファームの星さん御夫妻と話し合いの様子を紹介します。

 

1 話し合い活動(2019.12.5)
 本校産の「ハクサイ」と、瀬峰星ライスファームの「お米」のコラボレーションに向けた話し合い活動を行いました。

(1)3年生(1~2時間目)

(2)1・2年生(3~4時間目)

(3)成果(4時間の話し合いの内容)

 

2 試食
 「和風」や「クリームシチュー風味」、「ミネストローネ風」などといった5種類の味を食べ比べしました。いずれの味も特徴があるもので、生徒たちは、それぞれの味について意見や感想などを述べていました。

 今後も星さん御夫妻と話し合いをしながら、商品化に向けて試行錯誤していきたいと思います。

酪農教育ファーム(1学年)

 12月10日(火)に、本校を会場に、加美農業高校「畜産専攻班」の生徒さんをお招きして「酪農教育ファーム」を開催しました。今回の対象は1学年の生徒で、酪農を理解するとともに、両校の交流が図られることを期待しています。

 

1 開講式

 

2 体験開始
 生徒は3つの体験を行いました。講師は加美農業高校の生徒さんになります。

(1)講義
 牛が誕生したときの様子や生育内容、管理する際に苦労した点などについて、加美農業高校の生徒たちが説明をしてくれました。本校生徒からも次々と質問を出していました。
 加美農業高校の生徒たちが一番伝えたかった「畜産」に関する理解を深めることができました。

 

(2)搾乳(さくにゅう)体験
 乳搾り体験を行いました。牛の温かさを感じながら体験をしていました。

 

(3)バターづくり体験
 牛乳を原料として、乳製品のひとつであるバターづくりを行いました。

 

 加美農業高校の先生方と生徒の皆様に「命の大切さ」、「食の安全」などについて考える機会をいただきました。 本校生徒も同年代の高校生と交流する貴重な機会となりました。

 加美農業高校の皆様、ありがとうございました。

園芸日誌(小牛田駅前公園の植栽活動)

 12月3日(火)から12月4日(水)にかけて、小牛田駅前公園の植栽活動を行いました。

1 植栽のための環境整備
 これまで植えていたマリーゴールドなどの花を撤去し、トラクターで土を耕します。

 その後、花を植えるレイアウトを整え、目印をつけます。

 

2 植栽活動
 目印をつけた場所に、花を置いていきます。

 花を植えていきます。今回はパンジーとビオラを植えます。

 

3 植栽終了

 

 小牛田駅前公園の近くを通った際は、ぜひ生徒たちが植えた花をご覧ください。

大崎タイムズに掲載されました。